巨人、過去10年「大量の育成指名」は成功しているか ここ数年は“明るい兆し”も

2022/12/05 18:00

 Bクラス(4位)からの巻き返しを図る巨人。このオフは松田宣浩(前ソフトバンク)、長野久義(前広島)のベテラン2人を獲得しているものの、今のところFAなどでの大型補強はなく、若手の底上げが重要になりそうだ。球団としてもかつての“育成の巨人”復活を目指すと宣言しているが、ここ数年特に目立つのが育成ドラフトでの積極的な指名だ。今年を含めた過去3年間の育成ドラフトでは合計31人を指名しており、セ・リーグでは最も多い数字となっている。

あわせて読みたい

  • “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    dot.

    3/7

    “ドラフト下手”が目立つ球団も 過去5年の「ドラ1」成功度ランキング【セ・リーグ編】

    “ドラフト下手”が目立つ球団も 過去5年の「ドラ1」成功度ランキング【セ・リーグ編】

    dot.

    9/21

  • 最も“若手が充実”してるのは… 将来的に強くなるのはどのチーム?【セ・リーグ編】

    最も“若手が充実”してるのは… 将来的に強くなるのはどのチーム?【セ・リーグ編】

    dot.

    5/29

    巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

    巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

    dot.

    7/4

  • 首位打者になった男も! 独立リーグ出身NPB選手で「ベストナイン」組んでみた 

    首位打者になった男も! 独立リーグ出身NPB選手で「ベストナイン」組んでみた 

    dot.

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す