「今後は英語の勉強に“びた一文”かけない」 自動翻訳研究の第一人者が語る最新の「翻訳力」

AI翻訳

2022/11/14 06:00

写真はイメージ (c)GettyImages
写真はイメージ (c)GettyImages

 2021年発表の「EF EPI(EF英語能力指数)」によると、日本の英語力は世界112カ国・地域中78位。なぜ私たちは英語ができないのか、どうすればできるようになるのか。グローバル社会で欠かせないとされる英語だが、多様化がさらに進む世界は、本当に英語だけで渡っていけるのか――。日本の自動翻訳研究の第一人者である隅田英一郎氏が、自身の英語学習も振り返りながら考察。『AI翻訳革命』(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介する。

【グラフ】外国人が日本語を習得するまでに何時間かかる?

*  *  *

「英語ができない」は必然

「日本語話者が英語を習得する際の困難の度合い」を必要な学習時間で推定しよう。米国務省の外務職員局(Foreign Service Institute、FSI)が、逆方向、つまり、英語話者が日本語を習得するのに必要な学習時間を公表しているので、これを参考にする。FSIによれば英語話者が仕事で使える(※注1)レベルまで外国語を習得するために要する時間は図1のグラフの通りである。

図1)学習時間による外国語の分類
図1)学習時間による外国語の分類

 米国人と日本人の基礎的な能力に差はないだろうし、元の問いである日本人が英語をマスターする時間は2200時間と想定しよう(※注2)。一方で、日本の中学校・高校での英語授業は総計約1000時間と約45%ほどで、5割に到達していない。必要な勉強時間を費やさず途中でやめているので、「英語ができない」は必然である(※注3)。何らかの動機を持つものは、在学中あるいは卒業後、語学学校などを駆使して、2200時間に到達するまで、勉学の追加に励む。1200(=2200-1000)時間は土日込みで毎日1時間頑張って3年4カ月弱という膨大な時間だ。こんなに大変なことを多数の日本人がしているのはおかしくないだろうか? 英語は自動翻訳で済ますことに決めると気が楽になる。英語学習にかかるはずの1200時間を自由に使うことができる。この時間をあなたなら何に投資するか?

NEXT

非英語話者はどのくらい勉強したら商談できる?

1 2 3

あわせて読みたい

  • 英語力に悩む人が言う「日本語は特殊」説は本当か? 自動翻訳の第一人者が“一刀両断”

    英語力に悩む人が言う「日本語は特殊」説は本当か? 自動翻訳の第一人者が“一刀両断”

    dot.

    11/15

    「翻訳アプリがあれば、英語を勉強しなくてもいいのでは」 自動翻訳の専門家はどう答える?

    「翻訳アプリがあれば、英語を勉強しなくてもいいのでは」 自動翻訳の専門家はどう答える?

    dot.

    11/16

  • “ほんやくコンニャク”実現の日は近い!? 自動翻訳技術、最新の実力は?

    “ほんやくコンニャク”実現の日は近い!? 自動翻訳技術、最新の実力は?

    dot.

    10/12

    日本人「英語禁止」も納得 リアルタイムAI翻訳は「通訳挟むより会話のテンポはスムーズ」驚異の実力

    日本人「英語禁止」も納得 リアルタイムAI翻訳は「通訳挟むより会話のテンポはスムーズ」驚異の実力

    AERA

    4/24

  • 内田樹「外国語を学んで偏見から解放 自動翻訳でどうなる?」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「外国語を学んで偏見から解放 自動翻訳でどうなる?」

    AERA

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す