「夏休みの宿題は“親の宿題”ではない!」 手伝って当たり前の風潮に物申す父親に、論語パパが回答

子育ての悩みを「論語」で解決!

論語パパ

2022/08/21 17:00

 小学生の姉妹を持つ40代の父親。娘たちの夏休みの宿題に手出ししすぎる妻に対して、「宿題は子ども自身ですべきだ」と辟易しています。「論語パパ」こと中国文献学者の山口謠司先生が、「論語」から格言を選んで現代の親の悩みに答える本連載。「子どものためにならない今の風潮を止めたい」という父親へのアドバイスはいかに。

【読書感想文が終わらない!おすすめのやり方はこちら】

*    *  *

※写真はイメージです(写真/Getty Images)
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

【論語パパが選んだ言葉は?】

・「父は子の為に隠し、子は父の為に隠す。直(なお)きこと其(そ)の中(うち)に在(あ)り」(子路第十三)

・「学びて思わざれば、則(すなわ)ち罔(くら)し。思いて学ばざれば、則ち殆(あやう)し」(為政第二)

【現代語訳】

・「父親は子どもをかばってやろうとするし、子どもは父親をかばおうとする。真の正義は、おのずから、そのかばい合う中に存在する」

・「人や本から学ぶだけで、自分で考え悩むことがなければ、混乱をきたすばかりである。限られた自分の知識で思索するばかりでは、考えが偏って独断に陥り、確固たるものはつかむことができない」

NEXT

論語パパの回答は?

1 2 3

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す