精神科医コラムニストから長崎県知事に 「誰も取り残されない社会の仕組みづくり」目指して

ヘルス

2022/08/15 07:00

今年2月の長崎県知事選で初当選を果たした新人の大石賢吾知事(40)。現職では全国最年少の知事になった。大石氏は精神科医で、2020年3月まで千葉大学医学部病院に勤務。19年3月からの1年間は、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.」のコラムニストとして連載「医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い」を執筆・配信していた。精神科医からなぜ長崎県知事になる道を選んだのか? 「AERA dot.」連載時の編集担当者が大石知事にインタビューを試みた。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す