お手伝いでためた「おこづかい」、3兄弟はどう使った? 母tomekkoさんがハッとした5歳次男の使い道

AERAwithKids

2022/07/17 16:00

 何歳から子どもにおこづかいをあげたらいいのか、お手伝いの対価としておこづかいをあげるのはよいことなのかどうか――。子どものマネー教育は、家庭によって考え方はさまざまで、悩ましいテーマでもあります。昨年の夏休みの1カ月半、10歳から4歳まで(現在)3人の男児にお手伝いの報酬としておこづかいをあげたのは、エッセー漫画家のtomekkoさん。子どもたちがためたお金の使い道から、「お金の価値以上に大切なことに気づいた」と振り返ります。tomekko家のマネー教育体験を紹介します。

あわせて読みたい

  • 子どもの習い事「詰め込んで自己肯定感失わせてしまったかも」 男児3人の母・tomekkoさんの失敗談

    子どもの習い事「詰め込んで自己肯定感失わせてしまったかも」 男児3人の母・tomekkoさんの失敗談

    dot.

    6/12

    「リビング学習」わが家でやってみたらカオスだった 育児情報に翻弄された3児母・tomekkoさんの後悔

    「リビング学習」わが家でやってみたらカオスだった 育児情報に翻弄された3児母・tomekkoさんの後悔

    dot.

    6/3

  • 子どもにもギラギラ感が必要? 小学生の「お金教育」5つの新常識

    子どもにもギラギラ感が必要? 小学生の「お金教育」5つの新常識

    AERA

    9/28

    小学校で落し物に値段つける? その理由とは

    小学校で落し物に値段つける? その理由とは

    AERA

    2/6

  • 小学生がお金「貸してやるよ」 おこづいはいくらが妥当?

    小学生がお金「貸してやるよ」 おこづいはいくらが妥当?

    AERA

    2/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す