「美文字」のコツは長い線を“思いきり長く書く” 意識するだけで字が変わる5つのポイント

ライフ

2022/06/13 06:00

デジタル化が進む社会でも、手書きの機会は意外に多いもの。礼状や詫び状、入学願書、公的機関への提出書類といった肝心のシーンで、美しい字はきらりとした存在感を放ちます。自分の字に自信が持てない、どこを直したらよいかわからないといったお悩みに、書家の大平恵理先生は「5つのポイントに気を付けるだけで、驚くほど美しい字に変わる」といいます。『読むだけで自分の字がみちがえる!』(朝日新聞出版刊)より一部抜粋して紹介します。

あわせて読みたい

  • 誰でも簡単にきれいな字で年賀状を書ける「艶文字メソッド」とは?

    誰でも簡単にきれいな字で年賀状を書ける「艶文字メソッド」とは?

    dot.

    12/16

    子どもの集中力と語彙力が劇的アップ!「書写」のススメ

    子どもの集中力と語彙力が劇的アップ!「書写」のススメ

    dot.

    7/18

  • 漢字の筆順は一通りではない!? 東大卒ママが思う鉛筆とおはしの持ち方
    筆者の顔写真

    杉山奈津子

    漢字の筆順は一通りではない!? 東大卒ママが思う鉛筆とおはしの持ち方

    dot.

    9/20

    第20回 「3ステップ方式」で劇的にきれいに書ける 『なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳』

    第20回 「3ステップ方式」で劇的にきれいに書ける 『なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳』

    2/8

  • 字は体を表わす。みんな違って、みんな美しい「くせ字」の魅力

    字は体を表わす。みんな違って、みんな美しい「くせ字」の魅力

    BOOKSTAND

    6/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す