新学期「友だち100人できるかな」の押し付けは危険!? 子育て誌元編集長がアドバイス

AERAwithKids

2022/04/21 11:00

 しつけや教育、受験などのノウハウや体験談が書かれたいわゆる「子育て本」が今人気です。親戚や近所付き合いの中から子育てを自然に学ぶことができた昔と違い、核家族で育った親にとって、これらの本から知識や情報を得ることは日々の子育ての大きな頼りになります。子育て情報誌「AERA with Kids」(朝日新聞出版)の編集を12年経験した同誌元編集長の江口祐子さんは、新刊『子育て本ベストセラー100冊の「これスゴイ」を1冊にまとめた本』(ワニブックス)の中で、子育て本に書かれているエッセンスを紹介しています。新年度・新学期を迎えたいま、江口さんが親に伝えたいアドバイスとは――。

あわせて読みたい

  • 「もう1年生なんだから」親が言っても子どもは自立しない? 子育て誌元編集長が指摘する「甘え」の誤解

    「もう1年生なんだから」親が言っても子どもは自立しない? 子育て誌元編集長が指摘する「甘え」の誤解

    dot.

    5/3

    “痛快な人間関係の本質”『友だち幻想』の魅力を作家が解説

    “痛快な人間関係の本質”『友だち幻想』の魅力を作家が解説

    週刊朝日

    10/9

  • 子どもを日米最難関大学に入れた佐藤ママ&アグネス・チャン 2人の子育ての意外な「共通点」とは

    子どもを日米最難関大学に入れた佐藤ママ&アグネス・チャン 2人の子育ての意外な「共通点」とは

    dot.

    5/10

    帰国子女の娘がクラスで浮いた存在に… 鴻上尚史が答えた戦略とは?
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    帰国子女の娘がクラスで浮いた存在に… 鴻上尚史が答えた戦略とは?

    dot.

    8/14

  • 【のびのび子育て】子どもをすくすく育む家 2

    【のびのび子育て】子どもをすくすく育む家 2

    3/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す