ツイッター・デビューから1カ月で大人気の泉明石市長が語る「これはあかん、失言や」

明石市長

2022/01/15 10:00

明石市の泉房穂市長(撮影・今西憲之)
明石市の泉房穂市長(撮影・今西憲之)

「今まで家族や役所からツイッタをして失言、炎上したらと羽交い絞め、止められていたんです。こうしてはじめてみると、市政運営をする上で勉強、参考になることも多々あり、よかったです。今のところ大炎上はありませんね、プチ炎上くらいか」

【写真】自慢のうどんを平らげるお茶目な泉市長はこちら

 こう苦笑しながら話すのは、兵庫県明石市の泉房穂市長だ。

 子どもや高齢者など社会弱者に寄り添った政策で、全国から注目を浴び、中核都市人口増加率全国1位、全国戻りたい街ランキングでは全国1位と結果も出している。

 知事や首相、相手がどんな大物でも、舌鋒鋭く迫ってきた泉氏だが、SNSで自ら発信することはなかった。昨年12月21日から突然、はじめたのがツイッターだ。

 アカウントを開設し、1カ月にも満たないうちに、泉氏のフォロワーは8万5千を超えた。2013年からツイッターをはじめている立憲民主党の泉健太代表のフォロワーは2万3千。(明石市長の)泉氏の方が3倍近く多いのとツイッターなどで話題になった。

「正直、まだツイッターの仕組みがわかっていないのですが、注目をいただいているのはうれしい。フォロワーの皆様には感謝です。8万5千が多いか少ないか、よくわかりません。しかし、弁護士時代の司法修習生同期の橋下くん(橋下徹元大阪府知事)は、270万でしょう。それとくらべたら全然です。まあ、芸能人ではないので、そんな気にはしてませんけどね」

 なぜ、ツイッターをはじめたのか。理由を聞いてみると泉氏は以下の3点をあげた。

1 市長としての説明責任

2 明石市の政策を広く知ってほしい

3 自分も楽しみたい

 1~3の理由を泉氏はこう説明する。

「1についてですが、市長としていくら説明してもすべて市民に真意、詳細な点まで届けることは難しい。その点、ツイッターは短くコンパクトに訴えられる。スマートフォンで手軽に見ることもできます。ツイートすると、コメントがつき、すべて読みます。市民の反応、意見もあるので参考にできます。2は、ツイッターをはじめた日、旧優生保護法で不妊や中絶の手術を強いられた市民とその配偶者を支援する条例を全国で初めて可決した。これを広く伝えたいという思いがありました」

 

NEXT

ツイッター発信力を実感した10万円給付金

1 2 3

あわせて読みたい

  • フォロワー12万の“プチ有名人”泉明石市長を直撃 百条委設置でも「ツイッターやめない」 

    フォロワー12万の“プチ有名人”泉明石市長を直撃 百条委設置でも「ツイッターやめない」 

    dot.

    4/21

    「暴言辞職」泉氏が明石の出直し市長選に立候補「アンガーマネジメント講習を受けた」

    「暴言辞職」泉氏が明石の出直し市長選に立候補「アンガーマネジメント講習を受けた」

    dot.

    3/11

  • 【独占】吉村知事を酷評した泉明石市長が激白「菅総理にこび売って何もしてない」

    【独占】吉村知事を酷評した泉明石市長が激白「菅総理にこび売って何もしてない」

    dot.

    4/29

    泉・明石市長と斎藤・兵庫県知事が明石城の整備を巡って”バトル”「携帯に出ない」

    泉・明石市長と斎藤・兵庫県知事が明石城の整備を巡って”バトル”「携帯に出ない」

    dot.

    2/26

  • 「明石市長も麻生大臣も失言 延々報じるメディアにもうんざり」カンニング竹山
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    「明石市長も麻生大臣も失言 延々報じるメディアにもうんざり」カンニング竹山

    dot.

    2/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す