ゆたぼんボクシングデビュー戦終えて不登校継続宣言「本当は学校に行きたいのでは」の指摘

2021/12/18 10:30

不登校ユーチューバー・ゆたぼん(SMSより)
不登校ユーチューバー・ゆたぼん(SMSより)

 小学校に続き、中学校も通わないことを宣言した不登校ユーチューバー・ゆたぼんが「ボクシングデビュー」を飾った。16日に大阪市のメルパルクホール大阪で行われたボクシング興行「3150ファイトVol.1」のエキシビションマッチに参戦。12歳で同学年の三輪皇瑛選手とのエキシビションマッチに臨んだ。

【写真】ゆたぼん不登校問題に持論を語り称賛を集めた芸人

  同大会は亀田興毅氏が会長を務める「3150ファイトクラブ」主催で、ABEMAで生中継された。この試合が注目された理由は、ゆたぼんが試合前日の15日に驚きの発言をしたからだ。自身のYouTubeチャンネルを更新し、「もし今回の試合でオレがカッコ悪いボクシングをしたり、情けない戦いをしたら、その時はユーチューブを引退して、学校行きます!そのくらいの気持ちで戦うってことやし、実力は向こうの方が上でも気合と根性でオレは絶対に負けへん」とふがいない試合をした場合は学校に登校することを宣言した。

  半年間練習してきたというゆたぼんは1ラウンドでボクシング歴2年の三輪選手に序盤は押され気味だったが、受け身にならずに手数を出した。2ラウンドはゆたぼんが果敢に前に出てラッシュする姿勢。ほぼ互角の攻防を演じる大健闘を見せた。試合後、ゆたぼんは対戦後、マイクで三輪選手に感謝の思いを伝え、「人生は冒険だ!」と絶叫してリングを下りた。報道によると、学校登校については「行かない。行きたい時に行く」と不登校継続宣言したという。

「ゆたぼんがリングで戦っている姿を見て思ったのが、12歳の普通の少年なんだなと思いました。YouTubeでは過激な発言をするけど、リングに上がると試合前はあどけない表情で緊張していたし、相手の選手への敬意を口にしていた。ふがいない戦いをしたら学校に行くと宣言して、『学校に行くのは罰ゲームか』とネット上で批判の声が殺到していましたが、本当は学校に行きたいんじゃないかなって感じました。好奇心旺盛でコミュニケーション能力が高いので、同年代の子供たちと友達になって遊んだり、勉強したい思いは絶対にあるはず」(スポーツ紙記者)

NEXT

不登校を続ける意味とは?

1 2

あわせて読みたい

  • ゆたぼんが因縁のシバターを痛烈批判も動画再生回数は「伸び悩み」

    ゆたぼんが因縁のシバターを痛烈批判も動画再生回数は「伸び悩み」

    dot.

    1/11

     ゆたぼんが西成でホームレスと交流で怒号飛び交う「危険すぎる」と批判

    ゆたぼんが西成でホームレスと交流で怒号飛び交う「危険すぎる」と批判

    dot.

    9/16

  • YouTube低評価非表示で、ゆたぼんどうなる?「通用しなくなる日は遠くない」の声

    YouTube低評価非表示で、ゆたぼんどうなる?「通用しなくなる日は遠くない」の声

    dot.

    11/15

    ゆたぼん「小学生の時におれより稼いでた?」とアンチを挑発 「義務教育は一度だけ」小学校教諭が苦言

    ゆたぼん「小学生の時におれより稼いでた?」とアンチを挑発 「義務教育は一度だけ」小学校教諭が苦言

    dot.

    9/24

  • ゆたぼんYouTube動画再生数伸びず…不登校児に元気与える「日本一周の旅」は起爆剤になるか

    ゆたぼんYouTube動画再生数伸びず…不登校児に元気与える「日本一周の旅」は起爆剤になるか

    dot.

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す