要介護でも食べる機能が向上する「訪問歯科治療」とは? 誤嚥性肺炎の予防にも有効

ヘルス

2021/11/11 09:00

 歯科医師が患者の自宅に来て診療してくれる「訪問歯科」をご存じでしょうか。介護が必要になったとき、口腔ケアはおろそかにされがちですが、高齢者は入れ歯をしていることが多く、口腔内の不衛生から全身の健康に悪影響を及ぼす危険があります。逆に、訪問歯科による治療や専門的口腔ケア、リハビリなどを受けることで、食べる機能が向上するなど療養生活の質は格段にアップします。好評発売中の週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん2022年版』では、神奈川県で訪問歯科診療に取り組む飯田良平歯科医師に話をうかがいました。

あわせて読みたい

  • 入れ歯のメンテナンスを怠ると健康に影響が!? 若さを保つ秘訣とは

    入れ歯のメンテナンスを怠ると健康に影響が!? 若さを保つ秘訣とは

    dot.

    7/25

    入れ歯の管理は、認知症の本人に任せてよいか? 口臭で発覚する食欲低下

    入れ歯の管理は、認知症の本人に任せてよいか? 口臭で発覚する食欲低下

    dot.

    6/20

  • 歯がなくて噛めない人は転倒リスクが上がる シニアの「歯のケア」とは

    歯がなくて噛めない人は転倒リスクが上がる シニアの「歯のケア」とは

    週刊朝日

    9/10

    口の中の細菌数は便と同じくらいのレベル!? 歯周病は誤嚥性肺炎を引き起こす理由

    口の中の細菌数は便と同じくらいのレベル!? 歯周病は誤嚥性肺炎を引き起こす理由

    週刊朝日

    2/6

  • 認知症の家族の歯みがきはどうすればいい? 専門家に聞いた「口から考える口腔ケア」

    認知症の家族の歯みがきはどうすればいい? 専門家に聞いた「口から考える口腔ケア」

    週刊朝日

    2/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す