りかりこ「わかる!」総フォロワー数200万超えの双子モデルが共感した本とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

りかりこ「わかる!」総フォロワー数200万超えの双子モデルが共感した本とは?

りかりこ/「双子ダンス」や「ミラー風動画」など、双子をいかした動画投が話題となり、特に同世代から支持を集める。主要SNSの総フォロワー数は200万人を超える(撮影/写真部・高橋奈緒)

りかりこ/「双子ダンス」や「ミラー風動画」など、双子をいかした動画投が話題となり、特に同世代から支持を集める。主要SNSの総フォロワー数は200万人を超える(撮影/写真部・高橋奈緒)

ミカンの味

チョ・ナムジュ,矢島暁子

amazonamazon.co.jp

 主要SNSの総フォロワー数が200万超え! 同世代から根強い人気を誇る、双子モデルでクリエーターの「りかりこ」。動画配信アプリでの「双子ダンス」投稿をきっかけにファンを増やし、現在では松阪市(三重県)ブランド大使も務める。ソーシャルタレントとして幅広く活動中。

「ドラマも音楽も食べ物も……韓国が大好き」と話すりかりこが、韓国の人気作家の最新作『ミカンの味』(朝日新聞出版)を読んだ感想を語り合った。

*  *  *
 4人の女子中学生が主人公の『ミカンの味』。多感な時期に悩み、迷いながらも歩む姿が、ていねいに描かれている。著者は、韓国で130万部を超える大ベストセラーとなった『82年生まれ、キム・ジヨン』のチョ・ナムジュ。『ミカンの味』は、彼女の待望の最新作でもある。

『ミカンの味』を読んで、真っ先に思ったのは、「わかる、共感できる」だと、りかりこは話す。

りか:中学時代を振り返ることがあまりなかったから、この本を読んで「ああ、こんなことあったな」って、14歳のころの景色が目の前に広がりました。

りこ:私たちも、女の子3人や4人で過ごすことが多かったです。自分たちも含めて、もう1人の友だちと登下校や部活で一緒でした。中学のときって、思ったことをすぐ口に出して言っちゃうことがあって……。

りか:めっちゃ喧嘩してました。友だち同士の喧嘩なのに、先生を巻き込んだこともあったなって、思い出しました。

りこ:本を読んで、こういうことがあったなぁ、あっ、これもあるあるって。思い出して懐かしんだり、共感したりすることがたくさんありました。

■そんな意味じゃない、気持ちがうまく伝わらない

りか:喧嘩のスタートは、ほんまに小さな事でした。バトミントン部で、よく4人で一緒に行動していたんですけど、あるとき3対1に分かれちゃったことがありました。りこも含めて3人のほうに私もいたんですけど、1人の子が、私たちの行動が原因で傷ついてしまって、すねちゃったことがありました。

りこ:言葉一つとっても、何が気に障ったのか、ちょっとわからなくて。そんなつもりで言ったんじゃないよ、って何回かなぐさめたりもしたけれど、結局、その子自身もすねとるから、仲直りがうまく出来なくて。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい