日向坂46の人気が乃木坂、櫻坂を上回る勢いに 秘訣は異色の独自路線 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日向坂46の人気が乃木坂、櫻坂を上回る勢いに 秘訣は異色の独自路線

梅宮昌宗dot.
日向坂46=2019年11月(C)朝日新聞社

日向坂46=2019年11月(C)朝日新聞社

 アイドルグループ・日向坂46の快進撃が続いている。バラエティーや情報番組などで見ない日がないと思えるほど、彼女たちの人気は高まっているようだ。テレビ制作スタッフはその理由をこう話す。

【写真】日向坂46が初登場した「週刊朝日」の表紙はこの5人が飾った!

「メンバー全員に言えることですが瞬発力があります。番組で共演するオードリーさんに鍛え上げられているのが大きい。短い時間でも盛り上げるコメントや、芯を食う発言で良い空気を作り上げる。プロ意識が非常に高いので出演者、スタッフもやりやすいと思います」

 テレビ東京の冠バラエティー番組「日向坂で会いましょう」はお笑いコンビ・オードリーが司会を務め、19年4月の放送開始から2年が経った。日向坂がブレークした大きな要因のひとつだろう。日向坂の以前のグループ名は「けやき坂46」だ。同じ坂道グループの乃木坂、欅坂(現櫻坂)ほど知名度があるわけではなかった。乃木坂の白石麻衣、欅坂の平手友梨奈のような絶対的なエースはいない。だからこそ、メンバー全員が爪痕を残そうとバラエティーに振り切った内容で独自路線を開拓した。もちろんトークが苦手なメンバーもいる。しかし、オードリーがその個性をうまく引き出すことで魅力を際立たせている。東村芽依はスタジオでは無口だったが、楽屋を隠し撮りする企画で、大声を発して楽屋を走り回る東村の「変貌した姿」が放送されて大きな反響を呼んだ。

「日向坂の番組は面白い」とテレビ業界のディレクター、放送作家の目に留まり、他の番組に個々のメンバーが呼ばれるようになると、さらに人気が高まっていく。加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲、小坂菜緒、丹生明里らは人気メンバーだが、特定のメンバーに依存しているわけではない。キャプテンの佐々木久美はマニアックなお笑い、影山優佳はサッカー、渡邉美穂はクイズ番組などそれぞれが得意分野を開拓し、活躍のステージを広げている。

「日向坂の1期生メンバーはけやき坂時代、スポットライトが当たらない日が続いていたので仕事ができるありがたみを誰よりも感じている。その姿を見てきた2期生、3期生も尊敬の念を抱いてプロ意識を継承している。みんな必死なのが伝わってきます。冷めているよりも、空回りしてでも頑張ろうとする姿を見たら起用したくなりますよね」(民放テレビスタッフ)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい