大麻所持容疑のYouTuber「ゆうせい荘」 大麻合法訴える声に「危険すぎる」と反論 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大麻所持容疑のYouTuber「ゆうせい荘」 大麻合法訴える声に「危険すぎる」と反論

牧忠則dot.
自首した様子を動画で生配信した、YouTuberのゆうせい荘(本人のYouTubeチャンネルより)

自首した様子を動画で生配信した、YouTuberのゆうせい荘(本人のYouTubeチャンネルより)

 人気YouTuberが大麻所持を自首した様子を動画で生配信したことが大きな反響を呼んでいる。

【写真】YouTubeデビューした「のりピー」の撮影風景はこちら

 この動画を配信したYouTuberはゆうせい荘。8日深夜に配信された動画を確認すると、ゆうせい荘は夜道を歩きながら、「お父さんお母さん、すいません。捕まったらどうなるのか、みたいな動画に残したらなぁと思ってライブ配信しています。僕の弁護人をやって頂ける方募集しています」と時折笑みを浮かべながらカメラに向けて話している。近くの交番に向かったが警察官が不在だったため、東急自由が丘駅前の交番へ。

「ほんと申し訳ないんですけど、今大麻所持していて自首しに来ました」と警察官に話しかけ、大麻が入っているとみられる白い粉末が入った小袋を警察官に渡した。交番で警察官に「自分の?」と聞かれ、ゆうせい荘は「はい、自分のです」と返答。「どこで買ったの?」という問いかけに、「いや、ちょっとそれは…」と口を濁した。「これ何?」と聞かれ、「大麻です」とやり取りが続き、警察官は無線で連絡。「確保願います」という声が流れた。共同通信によると、ゆうせい荘は9日未明に大麻取締法で現行犯逮捕されたという。この動画の再生回数は20万を超えた。

 ゆうせい荘はオランダ・アムステルダムで大麻を吸った感想や、大麻の法規制について語った動画を過去に発信している。昨年5月に動画をすべて削除して活動停止していたが、今年5月に入り、「小説家になることにしました」と宣言して活動を再開。YouTubeでも過去動画の一部を公開していた。

 突然の交番への出頭に、視聴者も戸惑いを隠せない。動画のコメント欄には「重度の鬱では…帰国後は表情からして危うい感じ。身近な人が支えてあげないと万が一も有り得ると思う」、「ゆうせい病んでるなー、俺もマジで病んでた時期あるからわかるけど、マジで病んでる時こそ下手に行動しちゃダメなんよ。地道にやりたくない事をこなさないともっと落ちるぞ。俺が病んでた時にライブ配信で救われたから複雑な気分や」と心配の声が上がる一方で別の見方も。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい