関西最難関「灘中」の志願者が1割も減った理由とは

短期集中連載「2021年中学入試最前線 ―コロナ禍で受験はどう変わったか」(6)

2021年中学入試最前線

2021/03/21 16:00

 首都圏では受験率微増となった今年の中学入試。比較的公立が強いと言われている関西や東海地区も、ここ数年の傾向を見ると、中学受験率が上昇しています。難関校の人気は不動ですが、関西ではコロナの影響を受け、大阪で受験生を減らしている学校もありました。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す