「とくダネ!」降板・小倉の弱音で見えた ネット上での老害批判を気にする時代に (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「とくダネ!」降板・小倉の弱音で見えた ネット上での老害批判を気にする時代に

連載「道理で笑える ラリー遠田」

ラリー遠田dot.#ラリー遠田
小倉智昭(C)朝日新聞社

小倉智昭(C)朝日新聞社

 1月13日、フジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』が3月末で終了することが発表された。番組が終了するのではないかという噂は以前からあったので、個人的にはそのニュース自体にはさほど驚きはなかった。それよりも、生放送の番組内でそのことが明かされた際に、司会の小倉智昭が話した内容が印象に残った。

【写真】フジテレビ最終面接落ちも、今最も勢いのあるフリーアナウンサーはこの人

 小倉は「次の世代の人にキャスターのポジションを譲りたい」と述べた後、このように語った。

「病気してから、ネット情報とか見るようになっちゃったんですね。そうするとやっぱりね、『老害じゃないか』とかね、『ボケてんじゃないか』とか、そういう言葉きついもんなんですよ。で、お年寄りの政治家見ると、ああ、やっぱり年取るとダメかな、なんていう。少しずつ思うようになりました。そんなこともあって、私はそろそろいいのかな、っていう」

 小倉は、降板を決めた理由の1つとして、ネット上で自分に対して批判の声があるということを挙げていたのだ。この話を聞いて、最近似たようなことがあったのを思い出した。それは、上沼恵美子が自身のラジオ番組の中で『M-1グランプリ』の審査員を務めたことについて語っていたことだ。

 上沼の『M-1』での審査は、歯に衣着せぬ厳しいコメントで知られている。自分の感性でネタの出来をはっきり判断して、面白くないと思った場合はバッサリ斬り捨てる。その容赦ないコメントが毎回話題を呼んでいた。

 だが、昨年末の『M-1』では、上沼がいつになく優しかったと言われていた。すべての芸人に対して前向きな言葉だけを残しており、厳しいコメントが全くなかったのだ。

 その理由について、上沼はラジオ番組で「おとなしくしろと息子に言われたから」と語っていた。上沼自身はネットの評判などを直接見ることはないのだが、息子を通して「よく炎上している」という話が耳に入っていた。彼にたしなめられたため、昨年は厳しいコメントをするのを控えたというのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい