「私も人間なんです」コロナ禍のもと届くSOS “自己責任”に追い詰められる人たち 

2020/12/31 08:02

 新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、これまで安定した住まいや仕事を得ることができず、ギリギリの生活を続けてきた人たちからの切実なSOSが、支援団体のもとに届き続けている。生活困窮者を支援する一般社団法人「つくろい東京ファンド」の小林美穂さんに話を伺った。

あわせて読みたい

  • 生活保護申請「門前払い」の一部始終を20代女性が録音 頻発する「水際作戦」の実態とは

    生活保護申請「門前払い」の一部始終を20代女性が録音 頻発する「水際作戦」の実態とは

    AERA

    3/26

    生活保護の申請「扶養照会」がハードルに DV加害者の元夫に連絡、身の危険を感じたメール

    生活保護の申請「扶養照会」がハードルに DV加害者の元夫に連絡、身の危険を感じたメール

    AERA

    3/21

  • 路上、ネットカフェ生活者が10万円の特別定額給付金をもらえない理由

    路上、ネットカフェ生活者が10万円の特別定額給付金をもらえない理由

    週刊朝日

    6/9

    “住まいは人権” 生活困窮者への居住支援に取り組む 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛

    “住まいは人権” 生活困窮者への居住支援に取り組む 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛

    AERA

    11/12

  • コロナで「オンライン階級」が生まれた 東浩紀と藤田孝典が斬る「社会の歪み」

    コロナで「オンライン階級」が生まれた 東浩紀と藤田孝典が斬る「社会の歪み」

    AERA

    5/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す