東京五輪も「Go To」もヘンテコ英語と元外交官 “レベルが低い”菅政権の本当の実力は?

2020/11/19 06:02

 巷にあふれる、カタカナや英語のキャッチコピー。ネイディブにとっては「?」と感じることも少なくないというが、東京五輪の大会組織委員会や政府が関わる公のキャンペーンも例外ではない。元外交官で大阪学院大学外国語学部教授の多賀敏行氏が日本の英語をジャッジした。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す