ガチなのか演出か…警察沙汰にもなったプロレスラーの「襲撃事件」列伝 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ガチなのか演出か…警察沙汰にもなったプロレスラーの「襲撃事件」列伝

このエントリーをはてなブックマークに追加
山岡則夫dot.
アントニオ猪木を襲撃したタイガー・ジェット・シン (c)朝日新聞社

アントニオ猪木を襲撃したタイガー・ジェット・シン (c)朝日新聞社

 プロレス史において、数多くの『襲撃』が繰り返された。

 対戦前後の物語や人間関係など、多くの要素が絡み合い記憶に残る名勝負ができあがる。その中で突発的に生まれる様々な『襲撃』。普段の日常では考えられないものも多く、プロレスの魅力の1つとなっている。

【写真】かわいすぎるレスラーとしてアイドル旋風を巻き起こした女子プロレス選手はこちら

 最も記憶に残るのが、タイガー・ジェット・シン他によるアントニオ猪木襲撃事件。

 73年11月5日、東京・新宿伊勢丹百貨店前において、シンら数人が猪木に殴りかかり流血に追い込んだ。人通りの多い新宿三丁目路上、通行客の通報で警察沙汰となった。

 シンは同年5月4日、川崎市体育館で観客席から乱入する形で新日本への参戦を果たした。「乱入も意に介さない無法者」という肩書きを得ていたが、新宿の件に関してはリアルな大事件へ発展した。最終的には新日本が始末書を提出、警察からの厳重注意の形で収束した。

 ガチなのか、アングルなのか。50年近い時間が経った今でも真相がはっきりしない事件は、プロレス界のみでなく世間まで巻き込んだ。

 シン同様、刑事事件にまで発展したのが安生洋二だ。

 99年11月14日UFC-Jの東京ベイNKホール大会で前田日明を殴打、傷害罪での略式起訴で罰金刑となった。

 安生と前田にはそれ以前、94年のUWFインターとリングス対抗戦交渉時から確執があった。安生が「高田延彦が出なくても200%勝てる」という、お決まりの名(迷)言を吐いたことに対し前田が激怒。「自宅を衝撃する」という趣旨の発言をしたり、パーティー会場で安生を小突いたりするなどの伏線があった末だという。

 村上一成(現・和成)による橋本真也への会場入り襲撃もインパクトを残した。

 00年3月11日横浜アリーナ『第2回メモリアル力道山』。会場に到着した橋本の前に現れた村上が、怒鳴りながら襲い掛かった。

 ゴング前、流血姿の橋本は「小川(直也)、なぜ村上に俺を襲わせた」と絶叫。

 試合後は「小川、4月7日、引退をかけてお前とやるぞ」と全国に宣言した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい