選ばれないのが不思議な選手も! A代表未招集の「アラサー」でベスト11組んだ (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

選ばれないのが不思議な選手も! A代表未招集の「アラサー」でベスト11組んだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
柏レイソルで欠かせない存在となっている江坂任 (c)朝日新聞社

柏レイソルで欠かせない存在となっている江坂任 (c)朝日新聞社

 Jリーグでは目下、新型コロナウイルス対策に追われながらも各地で熱戦が繰り広げられている。その中で注目したいのが、働き盛りの30歳前後の選手たちだ。これまでA代表未招集ながら、それに値する能力を持つ男たちを今回、「A代表未招集“アラサー”ベスト11」として選出し、スポットライトを当てたい。

【写真】中田英寿はモテない? ドン小西がオシャレの“唯一の欠点”を指摘

*  *  *
 まず、最後尾を守るGKには、高木駿(大分)を選びたい。1989年5月22日生まれの31歳。明治大から2012年に川崎Fに入団し、千葉への期限付き移籍を経て2017年から大分でプレー。2018年に正GKとしてJ1昇格に貢献すると、昨季は片野坂知宏監督が唱えるビルドアップ戦術の中で、GKながらゴールマウスから離れてボール回しに加わり、優れた足元の技術も披露した。今季は8月8日の第9節から控えに回っているが、昨季9位と大健闘したチームの中で年間セーブ率ランキング3位(75.2%)を記録した実力に疑いの余地はない。

 DF陣では、首位を快走する川崎Fの左サイドバックを務める登里享平を最初に選びたい。1990年11月13日生まれの29歳。高い攻撃性能を持ち、重心の低いドリブルからの鋭いクロスでチャンスを演出する。年代別の代表経験はあるが、A代表は未招集。今こそ、長友佑都の後継者として試しても面白い存在だ。

 同じ左サイドバックになるが、タフさが売りの吉田豊(名古屋)も注目したい1人。1990年2月17日生まれの30歳。2007年のU-17W杯に柿谷曜一朗らとともに出場した後、甲府、清水、鳥栖と渡り歩き、昨季から名古屋でプレー。類まれな運動量と馬力でサイドを上下動し、攻守両面においてチームに活力を与えている。一部で安田大サーカスのクロちゃん似として話題だが、A代表に選ばれてもおかしくない確かな実力を持っている。

 センターバックでは、大崎玲央(神戸)をピックアップしたい。1991年8月7日生まれの29歳。北米サッカーリーグ(2部)でプレーした後に横浜FC、徳島を経て2018年途中に神戸に加入すると、すぐにレギュラーを確保。身長187センチの高さと対人守備の強さに加えて足元の技術も高く、周囲に華麗な経歴を持つ選手たちが揃う中で堂々たるプレーを続けている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい