「光」の漢字の成り立ちは頭上で火が燃え盛るエライ人!

意外すぎる漢字の成り立ち5本

2020/08/17 09:00

 漢字には、現在の意味からは想像できないような意外な成り立ちのものが数多くあります。そこで、漢字研究の大家であった白川静博士の「白川文字学」に基づいて、古代文字と比較しながら成り立ちを見ていきましょう。”漢字忘れ”を防ぐには、成り立ちから覚えるのが効果的といいます。今回は私たちに身近な「自然」がテーマです。

あわせて読みたい

  • 「浮」の漢字のルーツは溺れた子どもだった! ちょっと怖い?漢字の成り立ち

    「浮」の漢字のルーツは溺れた子どもだった! ちょっと怖い?漢字の成り立ち

    dot.

    7/23

    漢字の「数」のルーツは「女性の髪を棒でたたいて崩す」だった!

    漢字の「数」のルーツは「女性の髪を棒でたたいて崩す」だった!

    dot.

    8/5

  • 白川静入門 真・狂・遊

    白川静入門 真・狂・遊

    週刊朝日

    3/10

    日本の伝統的な文字「平仮名」はどうやってできた?

    日本の伝統的な文字「平仮名」はどうやってできた?

    tenki.jp

    6/20

  • 探究型学習の第一人者が選ぶ! 子どもの「知りたい」を刺激してくれる教材4選

    探究型学習の第一人者が選ぶ! 子どもの「知りたい」を刺激してくれる教材4選

    AERA

    7/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す