ナイナイ、極楽、ロンブー…「コンビの絆」が不祥事対応の明暗をわける (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ナイナイ、極楽、ロンブー…「コンビの絆」が不祥事対応の明暗をわける

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.
岡村の発言をきっかけにラジオにコンビで復活することになったナインティナイン(C)朝日新聞社

岡村の発言をきっかけにラジオにコンビで復活することになったナインティナイン(C)朝日新聞社

「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)に矢部浩之(48)が復帰したことが話題となった。1994年に「ナインティナインのANN」としてスタートし、2014年9月に矢部が卒業を発表。それからは岡村隆史(49)が単独で出演してきた。およそ5年7カ月ぶりにコンビが揃ったことになる。

【写真】独身芸人「アローン会」メンバー、岡村と他には誰?

 きっかけとなったのは「岡村隆史のANN」での、岡村による“コロナと風俗嬢”発言。騒動はレギュラー出演するNHK「チコちゃんに叱られる!」に降板嘆願が届くほどの騒動にまで発展する中、「ANN」に相方の矢部が2週連続で出演。岡村を公開説教し、コンビ仲の不全などを告白するなど、こちらも大きな話題になった。結果的に矢部が見守ることで岡村が多少、信頼を回復できた部分もあるだろう。

「矢部さんの登場で世間が軟化したのは事実です。そもそもナイナイは、岡村さんが矢部さんの部活の先輩だったので、変わらぬリスペクトがあるんです。岡村さんが休養していたときも支えていたのは矢部さんでした。岡村さんは真面目な人なので、矢部さんが遊び回っていた時期にイラついていたこともあったそうですが、『岡村さんがヤバい時はお前が支えろ』と実兄から言われているみたいですね。矢部さんのお兄さんは、岡村さんの部活の先輩でもあるので、兄弟揃って絆が深いんです」(芸能事務所関係者)

 コンビでスターダムにのし上がってからすでに数十年がたち、それぞれピンでの仕事が増えてきた中で、再びコンビの絆が垣間見られたのはファンとしても嬉しいところだろう。

 近年、不祥事において「やらかした芸人」が復帰する際、相方の存在がクローズアップされるケースが増えている。例えば、同じく「めちゃイケファミリー」だった極楽とんぼ。度重なる不祥事を起こして、事務所をクビになった山本圭一の復帰を何年もサポートしてきたのは相方・加藤浩次だった。

「本人は朝の番組のコメンテーターやサッカー番組のMCを務めるなど、事務所を支えるほどの存在になり、クリーンなイメージが求められる一方で、最低なイメージの相方の復帰を願い続けた。朝の番組や雑誌の対談などでも、積極的に山本の復帰を語っていましたね。最終的には2016年7月に『めちゃイケ』内で地上波に復帰しましたが、加藤が大叱責し、『当たり前じゃねーからな』と放った台詞は超名言として語り継がれています。山本さんの事件のせいで吉本の社員たちも大変な目に遭うなか、加藤さんは粘り強く会社側とも交渉し、復帰の準備を進めていたんです。相方のために丁寧にお膳立てし、視聴者への謝罪という形で復帰を成功させた手腕はさすがです」(放送作家)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい