天才打者落合を支えた「オレ流」打撃投手

2020/04/19 11:30

 打撃投手は、日本球界独特の職種である。1962年ごろに、読売ジャイアンツ(以下巨人)の監督川上哲治が、練習時間の長さのため、打撃練習専用の投手の必要性を感じて導入したと言われている。それまでは主に控え投手が投げていた。以来各球団も打撃投手を置き、現在は各球団に10名前後がいる。多くが、現役引退後、制球力のよさを買われて打撃投手として生きてゆく。彼らは毎日100球以上を投げ、打者の要求するコースへ、打ちやすい球を投げる。米国では日本ほど練習をしないので、マシンの打撃練習が主体で、コーチが投げる程度である。

あわせて読みたい

  • イチローは松井秀喜を凌ぐ、稀代のホームランバッターだったのではないか?

    イチローは松井秀喜を凌ぐ、稀代のホームランバッターだったのではないか?

    dot.

    4/22

    イップスで契約解消も… プロ野球打撃投手の環境が過酷すぎる

    イップスで契約解消も… プロ野球打撃投手の環境が過酷すぎる

    dot.

    8/25

  • 落合博満は新人時代から「オレ流」全開だった!

    落合博満は新人時代から「オレ流」全開だった!

    dot.

    11/19

    落合博満は「同志」、中日でともに戦った宇野勝が語る“孤高の男”の実像

    落合博満は「同志」、中日でともに戦った宇野勝が語る“孤高の男”の実像

    dot.

    9/11

  • 清原和博、衣笠祥雄、阿部慎之助…強打者だけじゃない、死球を受ける打者の共通点とは?

    清原和博、衣笠祥雄、阿部慎之助…強打者だけじゃない、死球を受ける打者の共通点とは?

    dot.

    6/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す