“失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

2020/03/07 16:00

 昨年チーム最多の15勝をマークした山口俊(ブルージェイズ)が抜け、先発ローテーション再編が課題となる巨人。そんな中で柱として期待されているのが、昨年KBO(韓国プロ野球)で17勝5敗、防御率2.62という成績を残したサンチェスだ。年俸3億4000万円の2年契約、背番号20という点でも球団の期待の高さがうかがえる。しかしオープン戦ではここまで2試合に登板して4回を7失点と不安を感じる出だしとなった。

あわせて読みたい

  • FA丸、浅村、西に大型契約提示…本当に“その価値”はあるのか?【西尾典文】

    FA丸、浅村、西に大型契約提示…本当に“その価値”はあるのか?【西尾典文】

    dot.

    11/19

    1年目がピークの選手も多数…過去5年の新人王、しっかり戦力に定着したのは?

    1年目がピークの選手も多数…過去5年の新人王、しっかり戦力に定着したのは?

    dot.

    12/4

  • 上原浩治が日本で“復帰すべき球団”は…古巣巨人は最適ではない?

    上原浩治が日本で“復帰すべき球団”は…古巣巨人は最適ではない?

    dot.

    3/1

    最も“若手が充実”してるのは… 将来的に強くなるのはどのチーム?【セ・リーグ編】

    最も“若手が充実”してるのは… 将来的に強くなるのはどのチーム?【セ・リーグ編】

    dot.

    5/29

  • 今年よく働いた“助っ人”は誰だ? <セ・リーグ外国人選手査定>

    今年よく働いた“助っ人”は誰だ? <セ・リーグ外国人選手査定>

    dot.

    11/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す