演技力でアンチを駆逐 松岡茉優が“大物女優感”を漂わせてきた (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

演技力でアンチを駆逐 松岡茉優が“大物女優感”を漂わせてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎さとしdot.
出演作が途切れない松岡茉優 (C)朝日新聞社

出演作が途切れない松岡茉優 (C)朝日新聞社

 女優の松岡茉優(24)が若手の実力派としてトップを走り始めた。昨年は日本アカデミー賞では、「勝手にふるえてろ」で優秀主演女優賞、「万引き家族」で優秀助演女優賞を受賞。またブルーリボン賞でも2つ映画で助演女優賞を受賞。さらにエランドール賞で新人賞、日刊スポーツ映画大賞でも主演女優賞に輝くなど、賞を総なめしているのだ。

【画像】表紙を飾った可愛すぎる松岡茉優

 映画への出演は今年も継続しており、すでに大泉洋主演「騙し絵の牙」や山崎賢人主演の「劇場」に出演し、ヒロインとして、または出演女優のなかでトップクラスの立ち位置につけている。

「『蜜蜂と遠雷』のPRで開設したインスタグラムも、半年でフォロワーが50万人を突破しました。開設当初は、映画公開までの期間限定とされていましたが今も続いており、投稿に対する『いいね!』の数も増え続けています。もちろんそれに伴って、ネットではアンチも増えており、既婚女性などが集う一部掲示板では『あざとい』という声も上がっています。しかし、既婚女性から嫌われるということは、有名になった証拠。ドラマや映画で見る機会が増えたからです」(女性週刊誌の芸能担当記者)

 人気ややっかみの声に関わらず、彼女の演技力には各方面から期待がかかっている。

「まず演技力が同世代の女優の中ではピカイチ。『勝手にふるえてろ』のようにローバジェットな作品にもちゃんと出て、結果を残したところがすごかった。これによって、他事務所の俳優やテレビ局とのしがらみに関係なく、『作品(監督・脚本)』が良ければ出るし、良くなければ出ない、というイメージが彼女につきました。また、主演もやれば脇役もやるので、『主演じゃないと出ない』という心配をすることもない。純粋に作品力でオファーできるのは、制作サイドからすればありがたい。演技力が重要な作品の場合、最近ではまず松岡さんの名前があがります。彼女の出る作品は、『なんか良さそうな作品かも』って思いませんか? 『松岡茉優』というブランディングが成功しているんです」(映像作家)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい