1960年代、内ゲバが激化する学生運動に参加した女性闘士たちの今 全共闘世代アンケートの結果

2020/01/18 12:00

 戦後の第1次ベビーブーム(1947~49年生まれ)で生まれた子どもたちが大学に入学しはじめた65年、女子の4年制大学進学率はわずか4.6%だった。男子の20.7%に比べるとはるかに低い数字だ。戦争が終わって20年が経っても、まだ「女子は大学に行かなくていい」という考えが当たり前の時代だった。

あわせて読みたい

  • 全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ… 重信房子氏ら元学生運動家にアンケート

    全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ… 重信房子氏ら元学生運動家にアンケート

    dot.

    6/19

    「女はお茶くみ」の時代に革命を信じ…全共闘「女性たちの闘い」の追憶

    「女はお茶くみ」の時代に革命を信じ…全共闘「女性たちの闘い」の追憶

    AERA

    8/1

  • 70歳過ぎても「三度の飯より市民運動が好き」 オウム事件がきっかけで意識に変化

    70歳過ぎても「三度の飯より市民運動が好き」 オウム事件がきっかけで意識に変化

    AERA

    8/2

    全共闘世代、東大も京大もタテカンなしに悔悟 「世代を超えた対話を」50年目の再出発

    全共闘世代、東大も京大もタテカンなしに悔悟 「世代を超えた対話を」50年目の再出発

    AERA

    3/30

  • 高揚、憤懣、挫折、信念…当事者が語る「学生運動」の真実

    高揚、憤懣、挫折、信念…当事者が語る「学生運動」の真実

    週刊朝日

    4/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す