天龍源一郎が語る“交渉術” プロポーズで男が絶対に明確にしておくべきこととは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“交渉術” プロポーズで男が絶対に明確にしておくべきこととは?

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

「自分をさらけ出せなかった男が、失恋に酔い続けていつまでも独身でいる(笑)。恋愛って、相手と真っ白な気持ちで向き合うのが一番だよ」

「自分をさらけ出せなかった男が、失恋に酔い続けていつまでも独身でいる(笑)。恋愛って、相手と真っ白な気持ちで向き合うのが一番だよ」

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えて、カムバックを果たした天龍源一郎さん。来年に迎える70歳という節目の年に向けて、いま天龍さんが伝えたいこととは? 今回は「交渉術」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。

【「天龍さん、失恋についてひと言お願いします!」】

*    *  *
 まずね、俺は自他共に認める「交渉下手」なんだよ(笑)。それでもここまで世渡りできたのは、全日本プロレス在籍時から一緒に交渉にあたってくれた女房のお陰。彼女は高校生のときから簿記をやっていたし粘り強い性格だったから、本当にいい条件を引き出してもらってきた。今でも、「あなたのお陰で随分苦情を受けたわよ」なんてこぼされるけど、「そこは曲げられない」というところは突っ張ってくれたから。「生意気な!」って思われたことも多かったはず。でも、ことビジネスとしての天龍源一郎や俺の会社のことに関しては一歩も引かなかった。

 これは女房のお父さんの受け売りだけど、交渉事は、「自分の気持ちのなかでイエスのときは、ちょっとゴネろ。ノーのときは、スッと相手の懐に入って断れば揉めない」。少しでも、「いいな」と思ったなら、話を引き延ばして条件を付ければ、お前をほしい相手なら飲むはずだし、満願の回答を得られるはずだって言われたのを覚えている。まあ俺自身はやったことがないけれど、ゴネ得というのは確かにあるし、結果的には俺もそうやって進んできたというのが正直なところだよ。

 俺は物事の決断を、そのときの感情に任せるところがあるからね。例えば、「次は猪木さんとのシングルマッチ、どうですか?」って打診されたら、すぐに、「いいですよ!」って言っちゃう。ことプロレス界においては、俺の手なずけ方を心得ている相手が多かったし、女房が手強いとわかると、ズルして俺に直談判する人も出てくる。俺が、「あとのことは女房に話しておいて」って受けちゃうから。だから当時の交渉相手は、「天龍の女房が出てくるぞ」って、色々な回避術を学んだと思うよ(笑)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい