パリ人肉事件・佐川一政を介護する弟が実名告白「バカな奴だけど、絶縁できなかった」 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パリ人肉事件・佐川一政を介護する弟が実名告白「バカな奴だけど、絶縁できなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史dot.
佐川一政氏の弟・純さん(撮影/西岡千史)

佐川一政氏の弟・純さん(撮影/西岡千史)

神奈川県内の病院に入院している佐川一政氏。映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』は、7月12日からヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開予定(写真は配給会社提供)

神奈川県内の病院に入院している佐川一政氏。映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』は、7月12日からヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開予定(写真は配給会社提供)

 パリに留学中の32歳の日本人男性が、恋心を抱いていたオランダ人女性を射殺、肉体の一部を食べた──。1981年に起きた前代未聞の「パリ人肉事件」は、世界を震撼させた。加害者の名は、佐川一政。女性の遺体を遺棄していたところで逮捕された。

【入院中の佐川一政氏の最新写真】

 猟奇的な事件が発覚した直後から、家族のもとには報道陣が殺到した。その対応をしたのが、当時、大手広告会社に勤めていた弟の佐川純さん(68)だ。父は会社を辞めざるを得なくなり、純さん自身も一時休職に追い込まれた。

 事件はこれだけで終わらなかった。佐川氏はフランスでの精神鑑定で、犯行時は「心神喪失状態だった」と診断され、不起訴処分となる。すでに日本で有名人となっていた彼は、帰国後に家族の反対を無視して執筆・講演活動を開始する。彼を好奇の目で見る世間とは裏腹に、家族は被害者への罪悪感とやるせなさを感じ続けた日々だった。

 事件から38年。佐川氏の両親はすでに他界し、残された家族は佐川氏と純さんだけになった。その二人の今の暮らしを追ったフランスと米国合作ドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』(監督/ルーシァン・キャステーヌ=テイラー、ヴェレナ・パラヴェル)が、7月12日から全国公開される。佐川氏と純さんは、この長い時間をどのように生きてきたのか。そして、純さんは今、兄のことをどう思っているのか。

* * *
 何かさしたる特徴もない、平凡な一日だった。1981年6月11日、純さん(当時30歳)は父と母と一緒に夕食をとったあと、将棋を指していた。18時半を過ぎたころ、神戸に住んでいる祖母から電話がかかってきた。その話は耳を疑うものだった。

「いま、ニュース見てる? 佐川一政という人がパリで誰かを殺したみたいだけど……」

 テレビを付けると、祖母の話した内容が報道されていた。驚く両親。衝撃的なニュースに、母は「これはウソだ」と言い続けた。我が子が人を殺すなんて、信じられるはずはない。ただ、純さんだけは違ったことが頭をよぎった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい