電撃ネットワーク・南部が腎移植手術 血液型が違う妻でもドナーになれたワケとは?

ヘルス

2019/04/30 18:25

 電撃ネットワークのリーダー南部虎弾(67)が、腎移植手術を受けることを明らかにした。ドナーは妻で、手術を受けるのは5月16日と報じられている。腎移植は、人工透析とならぶ末期腎不全の治療法の一つ。成功すれば、最も普通に近い生活ができる治療法だ。南部は5、6年前に糖尿病と診断され、最近になり主治医から人工透析を勧められたが、腎移植を選んだ。血液型は自身がO型で妻がA型。「適合検査をやったら、血液型が違っても移植できることに驚いた」と話している。

あわせて読みたい

  • 人工透析はせずに “最初から腎移植”が増加している!

    人工透析はせずに “最初から腎移植”が増加している!

    週刊朝日

    10/10

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    週刊朝日

    7/12

  • 1カ月で仕事復帰も可能 腎不全に人工透析より「移植」の選択肢

    1カ月で仕事復帰も可能 腎不全に人工透析より「移植」の選択肢

    AERA

    4/11

    腎臓病で毎年4万人近くが新たに人工透析治療に 4月から他の治療法も普及する仕組みに

    腎臓病で毎年4万人近くが新たに人工透析治療に 4月から他の治療法も普及する仕組みに

    dot.

    3/24

  • 【人工透析】正しい治療法の選び方は? 近年注目は自宅で可能な腹膜透析

    【人工透析】正しい治療法の選び方は? 近年注目は自宅で可能な腹膜透析

    dot.

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す