「デビュー前の若手」に6年48億円 MLBで“究極の先物買い”はなぜ起こる?

2019/04/25 17:00

 昨オフはフリーエージェント市場での両巨頭と見られていた2人、マニー・マチャド三塁手がパドレスと10年3億ドルで契約し、続いてブライス・ハーパー外野手もフィリーズと13年3億3000万ドルというFA史上最高額の大型契約を結んだ。その一方で、彼らとは別の意味で注目された契約があった。ホワイトソックスがエロイ・ヒメネス外野手と開幕直前に結んだ6年4300万ドル(約48億円)の契約がそれだ。

あわせて読みたい

  • 300億円が“ムダ”のケースも… メジャーの長期契約は「アラサー」から「若手」に?

    300億円が“ムダ”のケースも… メジャーの長期契約は「アラサー」から「若手」に?

    dot.

    9/23

    ヒット1本3億円超も…元巨人ゲレーロらの失敗で“キューバ選手バブル”崩壊

    ヒット1本3億円超も…元巨人ゲレーロらの失敗で“キューバ選手バブル”崩壊

    dot.

    5/8

  • 大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

    大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

    dot.

    8/19

    ダルビッシュも苦言の年俸問題 “機能不全”の年俸調停をメジャー式にすべし

    ダルビッシュも苦言の年俸問題 “機能不全”の年俸調停をメジャー式にすべし

    dot.

    11/29

  • 田中将大、行くときは最高で戻る時は最悪だった「移籍のタイミング」

    田中将大、行くときは最高で戻る時は最悪だった「移籍のタイミング」

    dot.

    1/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す