妊娠中に目の前で「加熱式たばこ」を吸われ… 医師が指摘する子どもへのリスク (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

妊娠中に目の前で「加熱式たばこ」を吸われ… 医師が指摘する子どもへのリスク

連載「ちょっとだけ医見手帖(森田麻里子医師)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田麻里子dot.#ライフ
森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

アメリカ疾病管理予防センターがオクラホマ州とテキサス州で行った2015年の調査では、14人に1人の女性が妊娠中、またはその前後に電子たばこを吸っていたことがわかった(写真:getty images)

アメリカ疾病管理予防センターがオクラホマ州とテキサス州で行った2015年の調査では、14人に1人の女性が妊娠中、またはその前後に電子たばこを吸っていたことがわかった(写真:getty images)

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は、加熱式たばこ・電子たばこの子どもへの危険性について森田麻里子医師が「医見」します。

*  *  *
 ここ数年でかなり一般的になってきた加熱式たばこや電子たばこ。普通のたばこと違って受動喫煙のリスクがない、健康への悪影響が少ない、禁煙につながる、と思っている方も、いらっしゃるかもしれません。しかし実は、それは大きな誤解です。今回は、加熱式たばこ・電子たばこの危険性と、それに関連してリスクが高まる残留受動喫煙について解説したいと思います。

 たばこは子どもの健康にも大きな悪影響を及ぼします。例えば、妊娠中のママがたばこを吸っていると、胎児の発育が阻害されます。そして産まれた赤ちゃんの乳幼児突然死症候群のリスクは、オッズ比にして2倍以上になります。アメリカの乳幼児突然死症候群のケースのうち、22%はたばこが原因であると推定されているのです。また、喘息のある子が受動喫煙にさらされていると、入院するリスクがオッズ比にして2倍になります。また、親の喫煙が子どもの白血病のリスクを上昇させる可能性も指摘されています。

 加熱式たばこは、葉たばこを加熱することで、ニコチンを含んだ蒸気を発生させる仕組みです。確かに、たばこの3大有害物質「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」のうち、タールと一酸化炭素については、紙巻きたばこより低減されることがわかっています。しかし、ニコチンの量はほとんど変わりません。また、日本で販売されている電子たばこは、ニコチンを含まないフレーバーのついた液を加熱し、蒸気を発生させます。このような電子たばこにおいても、鉛・クロム・ニッケルなどの重金属やホルムアルデヒドの量は、紙巻きたばこより多い製品もあることが、世界保健機関(WHO)の報告書でも明記されています。加熱式たばこや電子たばこが健康にどのような影響を与えるのかは、長期間経ってはじめてわかってくるものです。いまの状態は、壮大な「実験」が行われているといっても過言ではありません。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい