羽賀研二事件の被害者が激白「僕の借金は梅宮アンナも返していると言った極悪人」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽賀研二事件の被害者が激白「僕の借金は梅宮アンナも返していると言った極悪人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
資産隠しの疑いで逮捕された羽賀研二受刑者(c)朝日新聞社

資産隠しの疑いで逮捕された羽賀研二受刑者(c)朝日新聞社

 詐欺被害者への賠償を免れるため、元妻に資産を譲渡したように見せかけたとして、沖縄県警が18日、服役中の元タレント羽賀研二受刑者(57=本名・當真美喜男)と元妻の當真麻由容疑者(41)を強制執行妨害などの疑いで逮捕した事件で、被害者の不動産会社社長のYさん(62)が取材に応じた。羽賀受刑者について「あいつは極悪人」と怒りをあらわにした。

 2人が、強制執行から逃れようとしたきっかけは、2016年10月に羽賀受刑者が詐欺罪で6年の実刑判決を受けた判決だ。

 事件で3億9千万円を詐取された被害者である前出のYさんは損害賠償を求めて民事訴訟を起こし、勝訴判決を勝ち取った。その3か月後に羽賀受刑者と麻由容疑者は偽装離婚し、財産分与という形で所有する不動産の名義を羽賀受刑者から、麻由容疑者に移転していたという。

「あいつは、刑務所にいても悪いことを考えていたのか」

 さらにYさんはこう訴えた。

「民事訴訟でも、羽賀受刑者はカネがないと主張するばかり。勝訴しましたが、お金はとれないと思っていた。すると突然、私のもとに見知らぬ人から手紙が届いた。なんと、そこには羽賀受刑者が沖縄で所有する不動産物件16物件と、家賃収入が月340万円もあるという内容が記されていた。驚きでした」

 家賃収入の内訳は、ビルを3棟と貸家を2軒、軍用地を1つだという。そのうち、沖縄の海に近い物件は今もマンションホテルとして、1泊あたり1万5千円ほどの値段をつけている。

 予約サイトの写真を見ると、すぐ目の前に海が広がり、部屋は洋風のおしゃれなインテリアで飾られていた。民事訴訟で羽賀受刑者は、判決を不服として控訴。その時にYさんは告発の手紙を元に調べ、沖縄の物件の不動産登記簿などの資料を裁判所に提出。すると控訴審で羽賀受刑者は和解を申し込んできたという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい