世界最大・最悪の嘘「原爆神話」 大学教授、新聞記者の二人の民間人が生み出したものだった!

朝日新聞出版の本

2018/08/06 07:00

 戦後73年目となる今年。広島・長崎に原爆が投下され、20万人という途方もない命が奪われてから同じ年月が経ったにもかかわらず、世界には未だ核兵器が存在し、人々を目に見えない脅威にさらしている。それでもなぜ、核は世界からなくならないのか? その背景について広島市立大学国際学部教授、井上泰浩氏に寄稿していただいた。

あわせて読みたい

  • 若い米国人が見た広島、被爆者の言葉に原爆の実相知る

    若い米国人が見た広島、被爆者の言葉に原爆の実相知る

    AERA

    9/7

    長野県と広島県は、“がんにかかっても死なない”!? その理由は

    長野県と広島県は、“がんにかかっても死なない”!? その理由は

    週刊朝日

    2/25

  • 『はだしのゲン』続編の舞台は原発大国フランスだった…

    『はだしのゲン』続編の舞台は原発大国フランスだった…

    週刊朝日

    8/6

    現在の核兵器は広島・長崎の1千倍以上 核兵器禁止条約の発効で「絶対悪」のルールを

    現在の核兵器は広島・長崎の1千倍以上 核兵器禁止条約の発効で「絶対悪」のルールを

    AERA

    1/3

  • 田原総一朗「テロリストの手に核兵器が渡れば『抑止力』は破たんする」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「テロリストの手に核兵器が渡れば『抑止力』は破たんする」

    週刊朝日

    8/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す