プロ野球チームがバスケ参戦…「ファン開拓」に向けた斬新な試み

2018/04/16 16:00

 プロ野球・独立リーグの四国アイランドリーグplus(四国IL)は今季、14年目のシーズンを迎えた。これまでに選手61人、指導者16人、審判11人、球団スタッフ27人を日本野球機構(NPB)12球団に送り込むなど、日本の野球界において「独立リーグ」という存在が次第に定着しつつある感はある。

あわせて読みたい

  • 競合なら“ネットのあみだくじ”  独立リーグ「合同ドラフト会議」は異例の連続【喜瀬雅則】

    競合なら“ネットのあみだくじ”  独立リーグ「合同ドラフト会議」は異例の連続【喜瀬雅則】

    dot.

    11/20

    2020年注目の種目。バスケットボール「3×3」の魅力とは?

    2020年注目の種目。バスケットボール「3×3」の魅力とは?

    tenki.jp

    9/3

  • MLBの超大物も入団? いまこそ独立リーグの存在意義を考える

    MLBの超大物も入団? いまこそ独立リーグの存在意義を考える

    dot.

    12/9

    プロとの交流も自由…甲子園を目指さない高校野球部が誕生(上)

    プロとの交流も自由…甲子園を目指さない高校野球部が誕生(上)

    dot.

    1/2

  • 元巨人、横浜の駒田徳広 「独立リーグ監督」と「バーマスター」の二刀流

    元巨人、横浜の駒田徳広 「独立リーグ監督」と「バーマスター」の二刀流

    dot.

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す