銚子丸社長が語る100円寿司に負けないホンマグロと劇場化サービスの秘密

2018/01/26 07:00

 一皿百数十円から数百円という手ごろな値段で、質の高い本マグロやサーモン、旬の魚が味わえる“グルメ回転すし”銚子丸。ある経済誌の外食利用者アンケートで満足度1位に輝くなど、消費者から高い支持を得ている。「客の期待を超えるすしネタの提供」「劇場になぞらえた郊外型店舗で元気な接客」といった特色が高評価に結び付いているのだが、鮮魚の高騰、人手不足、そして大手百円すしチェーンの台頭といった要因が、従来の成功パターンの維持を難しくもしている。グルメ回転すしを見舞う嵐の海を、銚子丸はどう乗り切ろうとしているのか。石田満社長に聞いた。

あわせて読みたい

  • うまい回転寿司の見分け方! ポイントは入口近くの“エース”

    うまい回転寿司の見分け方! ポイントは入口近くの“エース”

    週刊朝日

    3/16

    えっ!握ってくれないの? 富山の“体験型”すし屋に潜入してみた!

    えっ!握ってくれないの? 富山の“体験型”すし屋に潜入してみた!

    dot.

    12/5

  • マグロの寿司はなぜ高い? 完全養殖成功でも安くならないワケとは
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    マグロの寿司はなぜ高い? 完全養殖成功でも安くならないワケとは

    AERA

    10/2

    台湾の寿司ネタランキングで圧倒的人気の魚とは? 日本の3位は不人気で販売中止に
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    台湾の寿司ネタランキングで圧倒的人気の魚とは? 日本の3位は不人気で販売中止に

    AERA

    9/17

  • マグロを扱うプロの職人が「最後に行き着くマグロ」とは? 本マグロじゃないんです
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    マグロを扱うプロの職人が「最後に行き着くマグロ」とは? 本マグロじゃないんです

    AERA

    2/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す