カンニング竹山「売れっ子・出川哲朗がバラエティー収録でスタッフを怒った理由」 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

カンニング竹山「売れっ子・出川哲朗がバラエティー収録でスタッフを怒った理由」

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。単独ライブ 「放送禁止2017」が9月21~24日、東京・品川の天王洲銀河劇場で開催(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。単独ライブ 「放送禁止2017」が9月21~24日、東京・品川の天王洲銀河劇場で開催(撮影/写真部・小原雄輝)

 出川さんなんかはバラエティーの職人なんですよ。一視聴者としてテレビ見ていたときは、「こいつ面白くねえな」って思っていた人がいたりしたんだけど、テレビで仕事するようになるとすごさが分かるんですよ。例えばリアクション芸でも、キャリアとかプライドが邪魔して現場で「これできないなー」って思っちゃうこともあるんだけど、出川さんは全部やっちゃう。その凄さって、なかなかテレビで伝わらない。

 それに、よく働くんですよ!あれだけテレビに出て、海外ロケもばんばんやりながら、毎年ホリケンさんと舞台をやって、ウンナンさんと劇団「SHA・LA・LA」を復活させたり。やっぱり仕事の仕方に憧れるんですよね。

 もうひとつ、伝わっていないことでいうと、出川さんって頼もしい面もあるんですよ。年末特番とかでたくさんの芸人がリアクション芸をするようなとき、「次僕の順番なんですけど、このパターンとこのパターンは出たから、こうしようと思うんですけどどうですかね?」って相談したら、「そうだな…」って相談に乗ってくれて。「アッコにおまかせ!」でも「こうやってみたら?」とかアドバイスもくれる。「ドッキリでカメラが見えていたことがあったんですけど、その時どうすればよかったんですかね?」とか(笑)。ヤラセとかじゃなくて、バラエティー番組の職人としての腕を相当持ってますから。一般論ではカッコイイ生き方じゃないかもしれないけど、職人。僕にとっては出川さんと竜兵さんは二大巨塔なんですよね。

 仕事終わって飲みに行くと、「良かったよー、竹山」って褒めてくれるんですよね。もちろん、「いやー、俺はここが納得いかねえなあ」って、厳しいこと言われることもありますよ。それもありがたいですよね。こんな人に出会えて良かったなと思う。

 生まれがお坊ちゃんだから品が良いし、義理人情に厚いんですよ。実家で兄貴が海苔屋をやってるんだけど、毎年デパートの展示会があって、時間があれば朝から夕方まで店頭に立ってお客さんと写真撮って海苔を売ってるんですよ。完全にプライベートで。「自分家だから」って言ってますけど、忙しいのになかなかできないですよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい