AERA dot.

没後10年 ZARD・坂井泉水が亡くなる直前、アートディレクターに明かした「不安」

永遠の歌姫 ZARDの真実 第2回

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.#永遠の歌姫ZARDの真実

鈴木謙一氏の革ジャンを着たZARD・坂井泉水さん

鈴木謙一氏の革ジャンを着たZARD・坂井泉水さん

鈴木謙一(すずき・けんいち)/アートディレクター、デザイナー。デビュー当初より、CDジャケットなど、ZARDのアートワーク全般のアート・ディレクションおよびデザインを担当。現在スズキケンイチデザインファーム代表(撮影/写真部・東川哲也)

鈴木謙一(すずき・けんいち)/アートディレクター、デザイナー。デビュー当初より、CDジャケットなど、ZARDのアートワーク全般のアート・ディレクションおよびデザインを担当。現在スズキケンイチデザインファーム代表(撮影/写真部・東川哲也)

 坂井泉水さんとの最後の対面をアートディレクターの鈴木謙一氏は今も忘れられない。

【写真】ZARD・坂井泉水さん 歴代ジャケットを振り返る

 2007年5月26日、坂井さんはがんの治療で入院していた東京信濃町にある慶應義塾大学病院のスロープから転落。脳挫傷で昏睡(こんすい)状態となった。その死の直前の病室を、鈴木さんは他の幹部スタッフとともに見舞いに訪れている。

「まだ手はあたたかかったんですけど、すでに意識がなくて……」

 鈴木氏の脳裏には坂井さんとの数々の思い出がよみがえった。

「人間ってこんなにたくさんの涙が出てくるんだと思うほど、ぬぐってもぬぐっても涙があふれてきました」

 鈴木氏が坂井さんと最後に言葉を交わしたのは、その3週間ほど前で、肺にがんが転移したことがわかり、抗がん剤治療を行っていた頃だったそうだ。

「最後に言葉を交わしたのは電話だったんです。おそらく治療の前だったんだと思うんですけど、すごくそれが怖いんだっていう話を聞きました。僕もその3年前にガンという病気を患っていたことがあり、当時坂井さんも心配してくださっていたんですが……『私、怖いんです』と仰ったその気持ちがよくわかるというか……。治療をしていく中で不安や恐怖に襲われることはどうしてもあって、その時は何も言葉をかけることができませんでした」

 亡くなる2日前、総合プロデューサーの長戸大幸氏との電話では退院後のレコーディングを楽しみにしている様子だったという。だからこそ鈴木氏も、坂井さんとの別れが来ることなど考えてもいなかった。

 その後、坂井さん逝去の連絡を受けたことや葬儀など、その時期のことは鈴木氏の記憶からすっぽりと失われている。

 鈴木氏が坂井さんと出会ったのは1991年。所属するレコード会社、ビーイングの所有するレコーディングスタジオ、スタジオ・バードマンで、長戸プロデューサーに紹介された。坂井さんは普段着で、髪をポニーテイルに結っていた。彼女はZARDとしてデビューする直前。鈴木氏はデザイナーとして入社したばかり。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   永遠の歌姫ZARDの真実 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加