藤原竜也はなぜ「追い詰められる」役ばかり回ってくるのか?  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤原竜也はなぜ「追い詰められる」役ばかり回ってくるのか? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
藤原竜也(c)朝日新聞社

藤原竜也(c)朝日新聞社

 俳優・藤原竜也(34)主演の連続ドラマ『リバース』(TBS系)が4月14日からの放送を前に話題が高まっている。

 読んで嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の女王こと、作家・湊かなえの作品が原作で、戸田恵梨香(28)や小池徹平(31)、市原隼人(30)など豪華メンバーが出演。平凡な毎日を送っていた主人公・深瀬和久(藤原竜也)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」と一通の手紙が届き、藤原演じる主人公が封印していた“暗い過去”に向き合っていくというストーリーだ。

 主演の藤原といえば「日本一絶叫が似合う」と言われ、数々の「追い詰められる役」を好演してきた。
 
 映画『カイジ』では多額の負債を背負い、生死をかけて様々なギャンブルに挑戦する役どころを熱演。映画『デスノート』では天才探偵Lに追い詰められて理性が崩壊する役を、また映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』でミイラのような衣装を着て悪役を演じている。昨年、放送されたドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)では偽者に人生を乗っ取られ、どん底に転落していくさまを熱演して好評を得た。

 今回のドラマもあらすじを見ると、展開次第で追い詰められそうな気がするが、藤原がそんな役を演じると、実に説得力がある。テレビ情報誌の編集者は言う。

「例えば『カイジ』の配役が発表された時は、原作のファンから『イメージと全然合わない』という声が多く上がったんです。ですが、蓋を開けてみると想像以上の迫真の演技で大好評。続編も作られましたからね。志々雄真実という悪役を演じた『るろうに剣心』でも、『他に合う人がいるのでは?』と疑問視する原作ファンがいたんですが、映画が公開されると『志々雄は藤原竜也で大正解!』と手のひらを返したように絶賛していました。もちろん藤原の演技に説得力があったからこそ、そんな前評判を覆すような結果になったんだと思います」

 さらに、そんな追い詰められる役の役作りも意外とストイックだという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい