40歳で起業4回、マザーズ上場まで… 原動力はもんもんとした不毛時代? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

40歳で起業4回、マザーズ上場まで… 原動力はもんもんとした不毛時代?

このエントリーをはてなブックマークに追加
古俣大介さん(左)と高濱正伸さん(撮影/関口達朗)

古俣大介さん(左)と高濱正伸さん(撮影/関口達朗)

株式会社ピクスタ代表 古俣大介(こまた・だいすけ)/1976年、埼玉県生まれ。多摩大学経営情報学部卒。在学中に起業、その後いくつかの事業をたちあげ紆余(うよ)曲折を経たあと、2005年、(株)オンボード(現ピクスタ)を設立。2015年にマザーズに上場する

株式会社ピクスタ代表 古俣大介(こまた・だいすけ)/1976年、埼玉県生まれ。多摩大学経営情報学部卒。在学中に起業、その後いくつかの事業をたちあげ紆余(うよ)曲折を経たあと、2005年、(株)オンボード(現ピクスタ)を設立。2015年にマザーズに上場する

 写真を中心としたデジタル素材の販売サイトを運営する「PIXTA(ピクスタ)」の代表取締役社長の古俣大介さんは、御年40歳にして、起業4社目という経歴の持ち主だ。創業10年の新しい会社ながら経営はすこぶる順調で、2015年の9月にマザーズ上場も果たしたPIXTA。社会で活躍する人は、どんな子ども時代を送ってきたのだろうか? 花まる学習会代表・高濱正伸さんが『AERA with Kids冬号』で、古俣さんの少年時代に迫った。

*  *  *
高濱:まずは小学生時代の話から聞きましょうか。優等生でしたか?

古俣:いいえ全く。国語の成績は良かったけど、あとは今ひとつ。高校は遊んでばかりいたし、大学も2年生までは正直かなり意識の低い人間でした。

僕は3人兄弟の真ん中だったんですが、兄とゲームばかりしてました。三日三晩ぶっ通しでやったこともありましたよ。とにかく「はまる」体質なもので。

高濱:ご両親には怒られなかったの?

古俣:両親とも働いてたんですよ。最初は父だけだったんですが、僕が小1か小2の頃、倒産しちゃって。で、母が商売を始めたんです。親戚の商売の余剰在庫を売りさばくところから始めたようです。僕の幼い頃の記憶のひとつに、大きな団地の広場みたいなところにゴザを広げて銀食器を売ったことがあるんです。兄弟3人で手伝いました。

高濱:すごい。強烈な体験だね。

古俣:ちょうどバブルの頃だったせいか、トントン拍子にうまくいったんです。母はすぐに自分の店舗を構えることができて、最盛期には8店舗になりました。

高濱:まさに起業ビジネスの成功モデルだ。

古俣:父も、全国各地のスーパーで催事事業を始めることになったので、2人とも大忙し。

高濱:じゃあ放任主義だったのかな?

古俣:いや、父は、時間があるときはよく僕たちを書店に連れていってくれました。なんでも好きなものを選びなさいと、漫画でも本でも買ってくれました。父は、本はとにかくたくさん読んだほうがいいといつも言っていましたね。気に入った本は何十回でも読んでました。

高濱:古俣さんの「没頭」にちゃんとつきあってくれるお父さんもすごいね。「いいかげんにしなさい」ではなく、むしろ喜んで応援してくれる。没頭することの大切さを知っておられたんだよ、きっと。

高濱:おかあさんは、どんな方でしたか。

古俣:母も忙しくて忙しくて。学校って、弁当やら雑巾やらといった、ふつうは親が用意するタスクがあるじゃないですか。うちは自分たちでやることが多かったですね。いつも夜8時くらいに、すごい勢いで家に帰ってくるんです。その勢いを見てると、放置されている感は全くありませんでした。だから、高校になって道をそれかけてしまったときも、両親にだけは迷惑をかけられないという思いはありました。

高濱:道、それかけちゃったんだ……。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい