乱太郎30周年、人気の裏にある意外な努力とは? 「子ども相手だからこそ手を抜けない」

朝日新聞出版の本

2016/11/03 16:00

 1986年から朝日小学生新聞で連載を続ける『落第忍者乱太郎』が今年、30周年を迎えた。同作を原作としたテレビアニメ『忍たま乱太郎』も来年25周年を迎え、NHKアニメとしては最長寿番組だ。いまなお高い人気を誇り、幅広い世代に愛される作品の秘密はどこにあるのか。作者の尼子騒兵衛さん自身、当初はここまで続くとは考えていなかったという。

あわせて読みたい

  • 「忍たま乱太郎」の原作が連載33年の歴史に幕 女性ファンが尼崎で聖地巡礼も

    「忍たま乱太郎」の原作が連載33年の歴史に幕 女性ファンが尼崎で聖地巡礼も

    AERA

    12/4

    シリーズ940万部、最終65巻も即重版 「落第忍者乱太郎」が愛される理由

    シリーズ940万部、最終65巻も即重版 「落第忍者乱太郎」が愛される理由

    週刊朝日

    12/17

  • 「誰かが絶対前を向かせてくれる」 声優高山みなみさんが語り尽くす「忍たま乱太郎」の魅力

    「誰かが絶対前を向かせてくれる」 声優高山みなみさんが語り尽くす「忍たま乱太郎」の魅力

    週刊朝日

    12/17

    人生は「まさか」の連続 忍たま乱太郎の原作、最初は3カ月だけの予定だった

    人生は「まさか」の連続 忍たま乱太郎の原作、最初は3カ月だけの予定だった

    AERA

    12/5

  • しりあがり寿「これ以上不安を描く必要がない」3.11後の変化とは?

    しりあがり寿「これ以上不安を描く必要がない」3.11後の変化とは?

    週刊朝日

    3/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す