リオ五輪金メダル・田知本遥と登坂絵莉、故郷富山でパレード 2人の父親には「深い縁」も… (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リオ五輪金メダル・田知本遥と登坂絵莉、故郷富山でパレード 2人の父親には「深い縁」も…

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#リオ五輪
あいにくの雨天にもかかわらず、笑顔でパレードする田知本遥(左)、登坂絵莉

あいにくの雨天にもかかわらず、笑顔でパレードする田知本遥(左)、登坂絵莉

笑顔で金メダルを披露する田知本(左)、登坂選手

笑顔で金メダルを披露する田知本(左)、登坂選手

 ただ、今後については、2人のコメントに温度差があった。登坂が「2020年の東京五輪で2連覇したい」とまっすぐに4年後を見据えたのに対し、田知本は「私の場合は、単純に“東京五輪でも”とは言えないが」と前置きしたうえで、「金メダリストとして自身の人生をじっくり考えたい」と述べた。

 ちなみに、田知本の父、又広(やすひろ)さんと登坂の父・修さんは高岡第一高校のOBで同じ年齢だ。科が違ったため、同じクラスになることはなかったが、高校時代は仲の良い友人だったという。中学時代は2人とも柔道をやっていたため、団体戦で対戦したこともある。

 修さんによると、「彼は重量級、私は軽い階級だったので個人戦での対戦はありません。でも大将として対戦したことがあった。あっという間に投げられてしまいましたよ」とのこと。祝賀会会場で、父2人の席は隣同士。金メダリストとなった娘の縁で再会し、思い出話を交えて杯を重ねた。さぞ、うまい酒だったことだろう。

(ライター・若林 朋子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい