いままでと同じ生活をする、それがテロへの答え 【パリ同時テロ点景】

パリ同時テロ

2015/11/25 11:30

「おまえらの思惑にはまるものか」 2015年11月13日(金)の夜に起こったテロ事件に対し、パリの人々は恐怖を乗り越えて通常の生活をしようとしている。1月のシャルリ・エブド社襲撃事件の時は、「私はシャルリ:Je suis Charlie」がスローガンだったが、今回は「テラス席(外の席)にいるよ:Je suis en terrasse」「怖くなんかないぞ:Meme pas peur」を掲げている。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「新聞社襲撃テロへの反応に見たフランス人の気骨」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「新聞社襲撃テロへの反応に見たフランス人の気骨」

    週刊朝日

    1/21

    以前の名は「ハラキリ」テロ襲撃の新聞社は一癖あり?

    以前の名は「ハラキリ」テロ襲撃の新聞社は一癖あり?

    AERA

    1/19

  • テロリストはどんな動機で事件を起こすのか? 専門家に聞いた

    テロリストはどんな動機で事件を起こすのか? 専門家に聞いた

    dot.

    9/5

    外務省、フランス・パリの雑誌社に対するテロ事件発生で注意喚起

    外務省、フランス・パリの雑誌社に対するテロ事件発生で注意喚起

    トラベルボイス

    1/9

  • 難民排斥が「テロ支援」につながる ボート転覆、3時間泳いで逃れる難民も

    難民排斥が「テロ支援」につながる ボート転覆、3時間泳いで逃れる難民も

    AERA

    12/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す