女友達と共有…“シェア彼氏”に走るアラフォー女性 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女友達と共有…“シェア彼氏”に走るアラフォー女性

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#恋愛#男と女
お互いが認めて、彼氏をシェアするキャリア女性が増殖中!?

お互いが認めて、彼氏をシェアするキャリア女性が増殖中!?

 セカンド・パートナー、機能別彼氏――人は同時期に複数の異性を愛せるのか? そんな複数の異性と同時期に愛する恋愛の形を「ポリアモリー」という。

 ポリアモリーとは、交際相手をひとりに限定せず、自らが愛し、愛してくれる複数の異性と同時に交際、その交際相手の異性すべてが、ほかの異性の存在を知っており、それを認めているという恋愛形態である。社会学の言葉だそうだ。

 多夫多妻制に通じるこの恋愛形態は、「ニュースサイトdot.」でこれまで伝えてきた「大人の恋愛」に通じるものがある。そんなポリアモリー的な恋愛を実践しているオーバー35女性。そんな彼女たちの声に迫ってみた。

「もともと彼とわたし、わたしの大学時代の仲良し後輩女性の3人で飲みに行ったりカラオケしたりして楽しく遊んでいたんです。やがてわたしは彼に。彼女も彼に。好意を持っていることがわかりました。それで話し合いの末、彼を、わたしと彼女で“シェア”することにしたんです。お互いの存在を知っているのでトラブルの起こりようもありません」

 こう彼氏を“シェア”するようになった経緯を明かすのはノリコさん(39)だ。関西の有名私大の英語研究会出身。中央官庁の出先機関に勤務。現在は得意の英語力を生かして活躍している。私生活ではバツイチ。ひとりの小学生の男の子のママでもある。

「フルタイムで仕事を持つシングルマザーなので、恋愛となると、どうしても精神的、時間的制約もあり彼とじっくり向き合えないところがあります。でも信頼できる後輩女性と彼を“シェア”しているので、彼との関係では、わたしの足りないところは後輩女性がケアしてくれています。もちろん後輩女性の彼女の足りないところはわたしがサポートします。とても心地いい関係です!」(ノリコさん)

 1対1の交際では相手の短所、足りないところをひとりで背負わなければならない。だがポリアモリー的な交際では、それも他の交際女性と相談し、共有することで、精神的負担が軽くなるメリットがあるという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい