海草(うみくさ)が広がる 辺野古の海の本当の姿にふれる

2015/08/23 11:30

 普天間飛行場の移設先として、注目を集める沖縄県名護市辺野古。埋め立ての調査のためのボーリングが始まってから18日で1年が経過した。この間、穏やかだった海にはコンクリートのブロックが投入され、海上では埋め立てに抗議する人たちの船やカヌーと、それを抑止せんとする海上保安庁の警備のためのボートなどが衝突を繰り返すようになった。

あわせて読みたい

  • 海草(うみくさ)が広がる 辺野古の海の本当の姿にふれる

    海草(うみくさ)が広がる 辺野古の海の本当の姿にふれる

    8/23

    なぜ自民党は沖縄の民意を読み違えたのか? 安倍首相が辺野古移設案に絶望した日

    なぜ自民党は沖縄の民意を読み違えたのか? 安倍首相が辺野古移設案に絶望した日

    AERA

    12/22

  • 辺野古工事急いで論文「曲解」か? サンゴ移植時期めぐり研究者が告発

    辺野古工事急いで論文「曲解」か? サンゴ移植時期めぐり研究者が告発

    AERA

    5/19

    沖縄に駐留する米海兵隊の語られない真実 抑止力ない“幽霊師団”

    沖縄に駐留する米海兵隊の語られない真実 抑止力ない“幽霊師団”

    AERA

    5/11

  • 辺野古の新基地9300億円に膨張、米シンクタンク「完成可能性低い」 専門家「もはやスガ案件」

    辺野古の新基地9300億円に膨張、米シンクタンク「完成可能性低い」 専門家「もはやスガ案件」

    AERA

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す