中畑DeNA“絶好調”の秘密は「生え抜き」高卒野手にあり (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中畑DeNA“絶好調”の秘密は「生え抜き」高卒野手にあり

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
快進撃が続くDeNA(c)朝日新聞社 

快進撃が続くDeNA(c)朝日新聞社 

 セ・リーグのDeNAが好調だ。前評判を覆し、中日と首位争いを展開している。その強さに迫るため、12日のスターティングメンバーを見ると、高卒の野手が多いのに気づいた。(年齢は2015年4月15日現在)

・1番石川雄洋(二塁手・横浜高卒28歳)
・2番関根大気(中堅手・東邦高卒19歳)
・3番梶谷隆幸(右翼手・開星高卒26歳)
・4番筒香嘉智(左翼手・横浜高卒23歳)
・8番黒羽根利規(捕手・日大藤沢高卒27歳)

 ……と5人もいるのだ。DeNAの対戦相手、中日の高卒野手のスタメンは平田良介と高橋周平の2人だけ。一方、巨人は坂本勇人、阪神は大和の各1人とさらに少ない。

 高卒野手が多いのは過去10年間、下位に低迷することが多かった球団である。たとえば、広島は安部友裕や丸佳浩、天谷宗一郎の3人、ヤクルトはさらに多く、川端慎吾や山田哲人、雄平、畠山和洋、中村悠平の5人を数える(移籍選手は除く)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい