JAL、Apple Watch向けアプリをIBMと共同開発、搭乗口での手続きも可能に 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

JAL、Apple Watch向けアプリをIBMと共同開発、搭乗口での手続きも可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリは「「デジタル」、「クロノ」、「トゥインクル」の3種類のデザインがある

アプリは「「デジタル」、「クロノ」、「トゥインクル」の3種類のデザインがある

 JAL(JL)は、Apple Watch向けのアプリケーション「JAL Countdown」を開発した。Apple Watch App Storeで4月24日から提供を開始する。すでにiPhone向けJAL CountdownはApp Storeで提供中。

 JALは、世界最大のデジタル・エージェンシーであるIBMインタラクティブ・エクスペリエンスと共同でこのアプリを開発・設計。IBMの「ユーザー中心設計(User Centered Design)」アプローチとビッグデータを活用している。

 アクション型の通知によって、利用者はフライトの運航情報や搭乗口の詳細、搭乗時刻などをリストの上で確認することができるほか、出発10分前までの残り時間をカウントダウン表示によって、安心してフライトの前に買い物や食事、休憩をとることも可能。2次元バーコードによるタッチ&ゴーにも対応し、保安検査場、搭乗口やラウンジでApple Watchでの手続きも可能となる。

 出発までのカウントダウンは「デジタル」、「クロノ」、「トゥインクル」の3種類のデザインから選択。Apple Watchのカスタマイズ機能を活用し、JAL Countdownは次に行動すべき内容を表示するとともに、飛行機が離陸する時間になると飛行機が飛び立つアニメーションを表示するなどの演出も組み込んでいる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい