ついに連載小説やコミックもデジタルで Kindle連載をスタート 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ついに連載小説やコミックもデジタルで Kindle連載をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

 Amazon.co.jpは、2013年10月25日(金)よりKindleの日本でのサービス開始1周年を記念する企画の目玉コンテンツとして、Kindle連載をスタートさせた。このKindle連載は複数のエピソードで成り立ち、読者が一度購入すると、その後1冊の本として完結するまで全てのエピソードが定期的にKindle端末や無料アプリに配信される。

 内容も小説やコミックのジャンルを問わない。スタート時のタイトルは18作品で、直木賞作家・林真理子のロングエッセー『美女入門パート12』をはじめ、テレビ東京系でドラマ放映中『東京トイボックス』の前日譚を描いた、うめ『東京トイボックス0』、鈴木みそ『マスゴミ』など多種多様な作品が並んでいる。

 新サービスの発表会では、作家の藤井太洋氏が登場。藤井氏はキンドルストアの書き下ろし電子書籍『Gene Mapper』でデビュー。一世を風靡した異色の経歴の作家だ。藤井氏は今回のKindle連載でも、書き下ろし作品『Underground ヒステリアンケース』を執筆している。同氏は、

「Kindle連載に取り組み、物語が必要とする長さで書ける自由度と迅速な公開スケジュールに感動しました。テレビドラマ1話分ほどの内容を執筆し販売できることは作品の自由度も広がってくる。この特徴を活かした作品を書き続けたいと考えています。そして、より多様な作品が登場することを期待しています」

と電子書籍が新しい連載媒体となりうる可能性に期待を寄せていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい