「無理な延命治療はやめたい」現場医師の本音

介護を考える

2013/03/08 20:45

 今年の1月10日に朝日新聞に掲載された、医療ライター今村美都氏の「老人ホームで看取ることの難しさ」というコラムが新年早々話題となった。内容は有料老人ホーム「アクラスタウン」でフィールド調査に取り組んでいる彼女が、現場での“老人たちの最期”を綴ったもの。静かにこの世を去る「平穏死」がある一方、病院で苦しみのうちに亡くなるケースや、意識不明のまま延命治療を受ける人もいるという。

あわせて読みたい

  • 延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    週刊朝日

    9/11

    自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    週刊朝日

    11/30

  • 「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    週刊朝日

    3/5

    医師が「不作為の殺人」を避けるための「平穏死」

    医師が「不作為の殺人」を避けるための「平穏死」

    週刊朝日

    11/25

  • 2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    dot.

    3/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す