昔の電通の「デタラメ社員」に学ぶ、労働時間と生産性の関係

2016/11/07 15:43

 電通バッシングが止まらない。東大卒の新入社員(当時)高橋まつりさんの自殺が労災死認定され、世間的に大きなニュースに。東京労働局が本社に立ち入り検査したこともあり、残業を強制的に減らすために夜10時にオフィスの一斉消灯を実施したら、今度は朝5時に灯りがついたということで「朝残業疑惑」まで出てきた。電通によれば、これは清掃業者が作業するためということだが、とにかくいまだに電通は世間の疑惑の目にさらされているというわけだ。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「電通事件でわかる労基法のザルぶり 連合は“経団連労務部”」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「電通事件でわかる労基法のザルぶり 連合は“経団連労務部”」

    dot.

    4/24

    日本中に蔓延する「過労死寸前」の声 追い込まれた!逃げ出した!もうやめて!

    日本中に蔓延する「過労死寸前」の声 追い込まれた!逃げ出した!もうやめて!

    AERA

    11/15

  • 残業代ゼロ法案で“定額働かせ放題”に?

    残業代ゼロ法案で“定額働かせ放題”に?

    週刊朝日

    6/22

    3月号ジャーナリスト・和光大教授 竹信三恵子 Takenobu Miekoブラック労働の横行――底辺への競争が始まった

    3月号ジャーナリスト・和光大教授 竹信三恵子 Takenobu Miekoブラック労働の横行――底辺への競争が始まった

    3/15

  • 電通・過労死問題 遺族母「私は『死んじゃだめ』と何度も言いました」

    電通・過労死問題 遺族母「私は『死んじゃだめ』と何度も言いました」

    週刊朝日

    11/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す