コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 丸山ゴンザレス カオスな現場の取材メモ

丸山ゴンザレス

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス/1977年、宮城県出身。考古学者崩れのジャーナリスト。國學院大學大学院修了。出版社勤務を経て独立し、現在は世界各地で危険地帯や裏社会の取材を続ける。國學院大學学術資料センター共同研究員。著書に『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』(光文社新書)など。

  • NEW

    丸山ゴンザレスが香港の“風俗マンション”に潜入してみたら…

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■今さら聞けない風俗の疑問「置屋」って何? 先日、旅仲間と話していると、「置屋とはなにか?」という話になった。ある旅仲間は、旅先で知り合った20代の若者に風俗...

  • 丸山ゴンザレスを夜な夜な苦しめた生き物の正体とは?

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■夜にうごめく影の正体とは? フィリピンのセブ島で語学勉強をするために英語学校で受講していたときのことだ。学校では個室を用意してくれるので、そこで寝泊まりして...

  • 丸山ゴンザレスが海外でもらったお年玉がカオスで「反応に困った」

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■「これ返す」と言われて渡されたのはお年玉? 「お正月といえば……」的な書き出しで始まるコラムが多いのは、書きやすいからであろう。...

  • 丸山ゴンザレスが気になった牛の頭に空いた穴の正体とは?

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■日本では牛の頭は入手できない 南アフリカ共和国のヨハネスブルグで、旧黒人居住区のソウェトに行った。そこの屋台で牛の頭を解体していたのだ。顔についた肉をそぎ取...

  • 丸山ゴンザレスのセンスが残念すぎる… クリスマスに流行の“ダサいセーター”を「普通にカッコいい」

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■あえて“ダサいセーター”を着るカオス 数年前の冬、衣類の買い出しにアメリカ・ニューヨーク州のデパートを訪れていたときだ。当時は暖冬だ...

おすすめの記事おすすめの記事