コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姜尚中

このエントリーをはてなブックマークに追加
姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • NEW

    姜尚中「日米安全保障条約60年の節目に一本足打法からの脱却を検討すべきだ」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 日米安全保障条約が改定から60年を迎えました。そこで改めて安保条約の何が問題で何が足りないのかということを考えてみたいと思います。日米安保を国家の不動の軸芯とみな...

  • 姜尚中「イランと米国の緊張状態は『出来レース』だった可能性がある」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * イスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害から始まったイランと米国の緊張関係。報復を表明したイランがイラクの米軍基地に放ったミサイルは十数発で米国側の人的被害はなく...

  • 姜尚中「沈みゆく日本を救う鍵は生産性に結びつかない価値に目を向けることにある」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 平成の終わりから令和にかけて何が一番問われたのか。それは沈み込んで行く国のあり方でした。閉塞感が社会の澱んだ空気となり、ラグビーW杯という想定外の効果をもたらした...

  • 姜尚中「フランシスコ教皇が日本で核廃絶を訴えた事実を現政権はどう捉えるのか」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * フランシスコ教皇が来日し、被爆地の長崎と広島などを訪れました。ローマ・カトリック教会のトップの日本訪問は、ヨハネ・パウロ2世以来、約38年ぶりです。ローマ・カトリ...

  • 姜尚中「ベルリンの壁崩壊から30年、米中対立は似た者同士のねじれが生じている」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 11月9日、ベルリンの壁崩壊から30年を迎えました。私は壁崩壊を思うと今でも感慨深い気持ちになります。壁崩壊の10年前、旧西ドイツの大学に留学していた私は、当時東...

おすすめの記事おすすめの記事