コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姜尚中

このエントリーをはてなブックマークに追加
姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • NEW

    姜尚中「日米蜜月の『抱きつき外交』より重視すべきは日独協定」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * ドイツのメルケル首相が、米ハーバード大学の卒業式で記念講演を行いました。旧東ドイツ出身のメルケル首相は、これまで私生活をほとんど語ることがありませんでした。しかし...

  • 姜尚中「スペインは、EUの将来を占う試金石だ」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * ドイツ留学の経験があるものの、スペインについては不案内だった私でしたが、偶然、スペインを訪れる機会がありました。スペインを巡ったことで、この国が実はEUの、さらに...

  • 姜尚中「令和は平成の『多様性に配慮した社会』を継承できるか」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 元号が平成から令和へと変わり、新たな時代が始まりました。30年前、明仁上皇は天皇として即位した際に「日本国憲法を守り、これに従って責務を果たすことを誓い、国運の一...

  • 姜尚中「北朝鮮の憲法改正は対米関係を見据えての体制強化か」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 4月11日から12日に開かれた北朝鮮の国会にあたる最高人民会議において憲法が改正されたようです。この会議で国務委員長に再選された金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党...

  • 姜尚中「英国のEU離脱が議会制民主主義のあり方を占う試金石に」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 英国のブレグジット(EU離脱)の行方が注目されています。メイ首相が自らの退路を断つと明言した3回目の「離脱協定案」も否決されました。メイ首相は宿敵、労働党首のコー...